ベルギー人のでかい旦那と、2匹のワンズ、デブ猫に囲まれた平和?な生活。「犬」で起業し早4年。楽しく忙しい今日この頃。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ ← ベルギーに関するブログ集だよ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ ← 海外起業、独立に関するブログはこちら
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ ← 海外でワンズと暮らしている人たちのブログ集

↓↓ 拍手もお願いしまーす!↓↓
ニッポン滞在:国立ハンセン資料館
2015年03月09日 (月) | 編集 |
日本を出る前の日にギリギリで行けた、東京東村山市にある「国立ハンセン資料館」。

MIKOさんがここを訪ねた理由はいくつかある。

まず、MIKOさんが生まれる前に他界してしまったMIKOさんのおじいさんが、この資料館に隣接するハンセン病患者の離隔施設「多摩全生園(たまぜんしょうえん)」で職員をしていたこと。MIKOさんの両親も職員官舎に2年ぐらい同居していたらしい。そのあとMIKOさんのおじいさんがガンになり、退職することに。

もう一つは、2年前にブリュッセルであった国際ハンセン病会議で、NPO法人IDEAジャパンの理事長森元さんのスピーチの通訳というお手伝いをさせてもらった事。IDEAは国際的な非営利活動法人で、世界のハンセン病の患者・快復者の支援と啓発活動に取り組んでいる。森元さんもハンセン病患者で過去に多摩全生園で隔離生活を強いられていた。
(興味ある人は森元さんの著書を読んでね。「証言・日本人の過ち―ハンセン病を生きて 森元美代治・美恵子は語る」)

だから2年前から次に日本に行ったときは是非ここに行こうと決めていたのだ。

kurumeshiryoukan

資料館はすばらしい建物で、中に入ると受付の人が親切に見学の順番を説明してくれる。ハンセン病とは、治療法、偏見や差別を受けた患者達の歴史、国の政策...など、淡々と説明されている。あちこちに補足資料があり、子供でも読めるようにふりがな付きで簡単な文章になっている。患者達が隔離施設でどのような生活を送っていたかが本当に手に取るようにわかる。これこそ資料館と呼ぶのにふさわしいところだ。

やはり一番考えさせられるのが、病気の事がわかり、戦後にちゃんと病気が完治する治療も始まったのに、日本はなんと1996年まで隔離政策をとったという事実。どうして日本は他国の動きと逆行して隔離を続けたか、これは本当にみんなが考えなくてはいけない問題だとMIKOさんは思うなぁ。

人が人らしく生きる権利。それについて深く考えさせられる場所。

やっぱり行ってよかった。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ ← ベルギーに関するブログ集だよ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ ← 海外起業、独立に関するブログはこちら
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ ← 海外でワンズと暮らしている人たちのブログ集

↓↓ 拍手もお願いしまーす!↓↓
スポンサーサイト
ニッポン滞在:やすくに神社 遊就館
2015年03月06日 (金) | 編集 |
まだダラダラ書いているニッポン滞在記。

今回、都内でいくつかの資料館に行ったMIKOさん。その一つが、毎年中国や韓国が問題にあげる靖国神社。神社にお参りに行ったわけではなく、そこに隣接する戦争資料館(...これって博物館?)の「遊就館」に行ってみた。なんでって...いや、MIKOさんあちこちの戦争博物館に行ってるし、こんなに毎年問題視される靖国神社をベルギー在住のトリマーさんの目線で見ておこうと思ったから(←どういう目線じゃ?)

yasukuni4

↑ 神社。正面から。鳥居の下で敬礼しているおじさんとかいてちょっとびっくり。

yasukuni3

↑ 遊就館。

yasukuni2

↑ 入った玄関ホールに展示してあるゼロ戦。南の島から回収したいくつかのゼロ戦を合わせて復元されたらしい。風立ちぬの世界だわぁ。

展示室は日本の結構古い時代からの動乱の歴史資料が展示してある。明治維新や西南戦争など、なかなか詳しく説明してあって面白い。そう、その辺まではなんとなく淡々と説明してあるんだけど、これが日清戦争...はまだましか、日露戦争ぐらいになると、だんだん説明が偏ってくるような気がした。気になったのは、日本のことを説明するのに「我が国は」と表現すること。英語の訳は「Japan was」とかなのに。なぜ単純に「日本は」という主語にしないのかにゃ、とトリマーさんは思ったわけよ。

時代が進んで、太平洋戦争に入るときになると、「我が国の参戦は避けられなかった」みたいな雰囲気になって、「我が国」がアジア諸国にどんどん攻め込んで行った状況がくわしく説明されている。そして、侵略した土地でしたことにはほとんど触れていない。もっとびっくりしたのは、もうどうあっても敗戦間違いない、というときに16歳前後の若者を特攻隊として戦地に送ったということを誇りに思っているかのような表現になっていること。ヨーロッパ各地で戦争博物館に行っているMIKOさんだけど、どの博物館でも「前途ある若者が無意味に命を落とさなくてはいけなかった事に対する反省」みたいなメッセージを感じる。それが、この遊就館に限っては「前途ある若者が我が国のために命を落とした事は素晴らしいことなのだ」と言っている。う〜ん、良いのかなぁこんなんで。これじゃあ、どこかの原理主義の過激派がアッラーのために命を落とすことみたいじゃないか。危ないよ。

興味深く読んだのは、原爆を落とされ敗戦を決める会議での天皇の言葉。「これ以上国民の命が落とされるのを見ていられない、私が何か言わなければ言うし、なんでも受けるからもう死者は出したくない」というような内容だったと思う。神と敬われた人が一番人間らしい発言をしている。この言葉が展示してあるところで、特攻隊の死を美化しているというのはなんだか矛盾しているような気がした。

ということで、なんとも複雑な雰囲気の場所だった。

yasukuni1

↑ こんなおまんじゅうも売ってました。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ ← ベルギーに関するブログ集だよ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ ← 海外起業、独立に関するブログはこちら
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ ← 海外でワンズと暮らしている人たちのブログ集

↓↓ 拍手もお願いしまーす!↓↓
ニッポン滞在:風呂はいいなぁ
2015年03月02日 (月) | 編集 |
毎回日本に帰っていいなぁと思うのはやっぱりお風呂。

今回も実家の近所にあるスーパー銭湯「おふろの王様」、広島のホテルにあった温泉「瀬戸の湯」、直島の旅館の近くのアートな銭湯「I LOVE 湯(アイラブユ)」など色々なお風呂を楽しんだMIKOさん。もちろん、実家の家庭風呂も毎日入った。

そのまとめが「映画テルマエ・ロマエ I & II」。

何を今更といわれるかも知れないが、あまり邦画にふれるチャンスがないので数年前の邦画をこういう時にビデオで見てるわけよ。

2年前にポンペイ遺跡を訪れた時、ローマ風呂跡の前に飲み屋(跡)があったのを見て感動したMIKOさん。「風呂上がりに一杯とは、人間2000年変わってないんだな〜」と変にローマ人に愛着を持ってしまった。そんな記憶があったので、この映画、個人的にすごく楽しめた。

恐るべし、平たい顔族!!

おまけの写真。

roman bath

↑ 本当のテルマエ・ロマエ(ローマのお風呂)内。このテルマエを出ると飲み屋跡がある。(2013年、ポンペイにて)
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ ← ベルギーに関するブログ集だよ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ ← 海外起業、独立に関するブログはこちら
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ ← 海外でワンズと暮らしている人たちのブログ集

↓↓ 拍手もお願いしまーす!↓↓
ニッポン滞在:なおしま
2015年02月27日 (金) | 編集 |
さて、宮島の訪問を早く切り上げ、広島駅、岡山駅、宇野港を経由して到着したのは瀬戸内海に浮かぶ直島。

ここに行く目的はただ一つ、お友達の「一徹ママさん」に会うことだった。一徹ママさんはこの島で唯一犬のトリミングサロンとドッグホテルを経営している。その名も「おんりぃWAN」。MIKOさんがベルギーでお世話になっている猫やしきさんのお友達で、ネットではしばらく前から交流をしていた。初めてのご対面!

宇野港からのフェリーが直島に着いたとき、港でビッグスマイルで迎えてくれた一徹ママ!初対面という感じがまったくしなかった。

徒歩で宿まで送ってもらった。

naoshima5

↑ しぶすぎる旅館「志おや」さん。一徹ママの同級生のご両親がやっている。

naoshima7

↑ どこまでもしぶい。

このあと一徹ママさんが島を車でぐるっと回ってくれて、だいたいの観光ポイントを見せてくれた。実はこの直島、「アートの島」として今や日本だけではなく、海外からも観光客が訪れるホットな島だったのだ。何も知らずに来てしまった(笑)。

naoshima4

↑ 草間弥生さんのカボチャのオブジェ。

naoshima3

↑ ベネッセハウスにあるアート。こういう形のオブジェにはなぜかこういうポーズになるMIKOさん。

naoshima2

↑ よくわからんでかいゴミ箱。

naoshima11

↑ 島なので当たり前だけどこういう景色があちこちにある。

naoshima6

↑ 夜は旅館でご飯。

この後はすぐ近くのこれまたアートの銭湯へ。その名も「I ♡湯」。なんだかインドの竜宮城みたいな内装だった。ゾウの像(あれ?なんか変)もあったし、タコやら魚やらのモザイクもあったし。

風呂はいいわ〜。そしてその後のビールも最高!いいわ、ここ。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ ← ベルギーに関するブログ集だよ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ ← 海外起業、独立に関するブログはこちら
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ ← 海外でワンズと暮らしている人たちのブログ集

↓↓ 拍手もお願いしまーす!↓↓
ニッポン滞在:みやじま
2015年02月26日 (木) | 編集 |
やっぱり広島まで来たのだから、宮島の厳島神社ぐらいは見ておかないとね。原爆資料館と牡蠣だけではもったいない。

次の日は朝日を拝みながら朝風呂に入って、美味しい朝ご飯をいただいた。

hiroshima10

↑ 美味しい朝ごはん

このホテルを選んだ理由は温泉だけではなく、ホテルの裏から宮島行きの高速船が出ていたこと。

hiroshima6

↑ 宮島行

miyajima6

miyajima8

miyajima7

miyajima9

さすが日本三景と呼ばれるだけのことはあるわ。美しい。海の上に神社を造るというのは、今考えても斬新なアイデアだと思う。平清盛もこんなものを造らせた自分にそうとう酔っていたことだろう。

このあとは焼きたてのもみじ饅頭を食べながら、またホテルへ。

miyajima-momiji

↑ アツアツ

miyajima1

↑ ついでにシカとツーショット

ホテルから、タクシーで広島駅へ。

naoshima-bento

↑ 広島駅で買った「平清盛駅弁」。美味しゅうございました。

広島駅から岡山駅へ。

岡山からバスに乗って、さらにフェリーニ乗って次の目的地へ…
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ ← ベルギーに関するブログ集だよ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ ← 海外起業、独立に関するブログはこちら
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ ← 海外でワンズと暮らしている人たちのブログ集

↓↓ 拍手もお願いしまーす!↓↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。