ベルギー人のでかい旦那と、2匹のワンズ、デブ猫に囲まれた平和?な生活。「犬」で起業し早4年。楽しく忙しい今日この頃。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ ← ベルギーに関するブログ集だよ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ ← 海外起業、独立に関するブログはこちら
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ ← 海外でワンズと暮らしている人たちのブログ集

↓↓ 拍手もお願いしまーす!↓↓
ベルギー独立記念日の情けない出来事
2014年07月25日 (金) | 編集 |
7月21日(月)はベルギー独立記念日で休日。1830年にオランダから独立したんだよね、ベルギー。だからまだ200年も経ってないのよ、国としては。

秘書業もトリミングもないお休み。こういう時を利用してモバイルサロンを洗車しようと思いついたMIKOさん。近所の「手洗い洗車場」ではトラックの屋根は洗ってくれない。ちょうど暇そうにしているダーリンに頼もう!脚立を立てて、少しずつ屋根を洗ってくれたダーリン。でかいから便利よね、こういう時。ぐるっと一回りして、「もういいよ、ありがとう」と言った後、「あ、反対側のエアコンの脇がまだちょっと汚れてる」と言って、そっちに回ったMIKOさんの旦那。ホースとかを片付け始めていたら、「ドスン!」と大きな音がした。

びっくりして反対側に回ったら、ダーリンが仰向けで地面に倒れてる。キャー!!!落ちた!!!

「うーっ」と言っている旦那に「大丈夫!!??」を繰り返すMIKOさん。もう心臓バクバク。腰から落ちてたら大変!ただでさえヘルニア持ちなのに。あまり何回も「大丈夫?」と聞くので「ちょっと黙っててよ!」とダーリン。むくっと立ち上がって、何事もなかったように脚立を立てて作業を続ける。

え、何?なんでもないの?でも短パンの腿の後ろあたりに500円ぐらいの大きさの血のかたまりが...どうも落ちたときに脚立の角に引っ掛けたみたい。見てみたらカギ状にキズになっている。脂肪や肉まで見えてる。だめだこりゃ。腿の後ろで自分では見えないし、落ちた時の興奮で痛みも感じないダーリンは医者に行く事を拒否。それも祭日なので、急患しか行くところがない。それでも彼をムリヤリ車に押し込んで急患へ。

独立記念日のパレードを映している待ち合い室で結構待たされたけど、医者に見せたら「縫わないとダメだね」と言われて結局5針も縫ってもらった。「皮膚が一部なくなっているからそんなにきれいには縫えないよ」とも言われた。更に破傷風の予防接種を2本。

あ〜、でも医者に見てもらってほっとしたよ。旦那の言う事聞いて急患に来てなかったら絶対炎症起こしてたよね。

家に戻って車庫のあたりできょろきょろするダーリン。何してるかと思ったら「いや、皮膚の一部が落ちてるかなって」。アホか。

e-onbed

↑ ベッドの上で医者を待つダーリン。足が40cmぐらいはみ出してる...
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ ← ベルギーに関するブログ集だよ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ ← 海外起業、独立に関するブログはこちら
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ ← 海外でワンズと暮らしている人たちのブログ集

↓↓ 拍手もお願いしまーす!↓↓
スポンサーサイト
いかにもオランダ
2013年05月09日 (木) | 編集 |
オランダ訪問時の写真をいくつか。いかにも!ってやつね。

nl visit1

nl visit4

nl visit m

↑ 旦那の伯母の家の前のチューリップ畑。満開だったよ!

nl huis1

↑ ついでに旦那の伯母の家も。この家は実は駅の敷地内に建っていて、昔は駅長の邸宅だったらしい。廃墟に近い状態で購入して、伯母夫婦が自分たちでほとんど改築。現在は村のモニュメント指定にもなっている。

nl huis3

nl huis5


nl his4

nl huis6

↑ 本当にボロボロだったなんて信じられない。改築には1年かかったらしい。ランの横の窓から、現在も使われている駅の階段が見える。

(日)はホテルでのんびり朝ご飯を食べた後、ザントヴォオールトという海沿いの街をお散歩した。

nl zee1

nl zee2

nl zee3

↑ この子達といると飽きません(笑)。

オランダの週末でした。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ ← ベルギーに関するブログ集だよ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ ← 海外起業、独立に関するブログはこちら
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ ← 海外でワンズと暮らしている人たちのブログ集

↓↓ 拍手もお願いしまーす!↓↓
オランダへ—戦没者追悼式
2013年05月08日 (水) | 編集 |
週末はオランダのHaarlem郊外で過ごしたMIKOさん夫婦&ダーリンの双子娘達。

目的は5月4日の戦没者追悼式。オランダはナチスドイツから解放されたのが1945年5月5日。その前の日が戦没者追悼記念日になっている。夜の8時に全国で2分間の黙祷が行われ、あちこちの街ではそれぞれ追悼式などが行われる。

なぜわざわざお隣のオランダかというと、実は旦那の母はもとはオランダの人なのだ。彼女の祖父は戦争が終わる2週間前にナチスドイツに処刑されてしまった。Overveenという村にある、彼と同じ時期に処刑された人たちが眠る墓地まで歩く「沈黙の行進」がここでは毎年行われている。今年はその日が土曜日だったので、一泊で双子娘達も連れて参加する事にした。

tocht1

↑行進を待つ人たち。

tocht4

↑数キロの行進の後に、墓地にあつまる戦没者の家族たち。

tocht5

↑ダーリンのひーおじいちゃんのお墓。彼は印刷業者で終戦後用に対独協力者を助ける内容の印刷物を刷っていた事が見つかり、レジスタンスの名前を聞き出そうとするナチスに拷問を受けた。それでも誰の名前も言わずに結局彼らに処刑された。「彼の沈黙が人々を救った」と墓石に書かれている。

ダーリンのオランダの伯母や叔父が言っていたけど、この沈黙の行進は10年前と比べると倍以上に参加者が増えているらしい。こうやって、若い世代へ引き継いで行くのは本当に良い事だ。戦没者を追悼するという事は改めて平和のありがたさを意識する事なんだよなぁ、と思ったMIKOさんでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ ← ベルギーに関するブログ集だよ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ ← 海外起業、独立に関するブログはこちら
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ ← 海外でワンズと暮らしている人たちのブログ集

↓↓ 拍手もお願いしまーす!↓↓
洋服にお金のかかる男
2013年04月09日 (火) | 編集 |
マイダーリンのことです。

もう言ったかもしれないけど、マイダーリン、でかいです。身長202センチ。私との差は実に42センチで、私がヒールはいても大して差が縮まらないし、2人のバランスを合わせるなら竹馬にでも乗らないとダメ。

こっちでも2メートルを超える身長はやはり普通ではなく、洋服も探すのが大変。ほとんどは大きな人用の専門店で、セールではなく、正規の値段で購入。

長袖シャツは、専門店の中の専門コーナーで腕の長さが「+7cm」とかいうタイプを毎年何枚も購入している。

その理由はこれ。

shirt-darling

どんなシャツでも2年目には右肘が破れてしまう。多分ね、こっちの腕が数センチ長いんだと思う。

ここ1、2ヶ月で3枚もこんな状態。あ〜、いい加減にしてくれぇ。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ ← ベルギーに関するブログ集だよ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ ← 海外起業、独立に関するブログはこちら
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ ← 海外でワンズと暮らしている人たちのブログ集

↓↓ 拍手もお願いしまーす!↓↓
今年はファミリーイベントに変化
2012年10月24日 (水) | 編集 |
いつもなら10月も半ばになると気になり出すクリスマスのギフトショッピング 。

義父母、旦那の娘たち、旦那の妹のデニースにそれぞれ何かを買わなくてはいけないんだけど、これがなかなか大変。子供達に欲しいもの聞いても「特になし」だし、そうなるとH&Mの商品券とかそういうものばかりになってしまう。自分たちでお金もあるし、欲しいものは欲しい時に買ってるし。デニースと私だって同じスポーツ店の商品券交換するのもアホらしいし。ストレスと出費で、はっきり言ってここ数年うんざりしていた。

その伝統が今年で終わる。

皆も同じこと考えてたみたいで、先週のファミリーディナーの時に満場一致で「プレゼント交換はもうやめよう」ということになった。

というわけで、今日夕食のお買い物でスーパーに行った時に、クリスマスギフトを意識した商品が並び始めたのを見て「ふふふん」と思ってしまった。

もう買わなくていいんだよね、我が家は。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ ← ベルギーに関するブログ集だよ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ ← 海外起業、独立に関するブログはこちら
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ ← 海外でワンズと暮らしている人たちのブログ集

↓↓ 拍手もお願いしまーす!↓↓
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。