ベルギー人のでかい旦那と、2匹のワンズ、デブ猫に囲まれた平和?な生活。「犬」で起業し早4年。楽しく忙しい今日この頃。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ ← ベルギーに関するブログ集だよ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ ← 海外起業、独立に関するブログはこちら
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ ← 海外でワンズと暮らしている人たちのブログ集

↓↓ 拍手もお願いしまーす!↓↓
トリマー求人振り出しに
2013年11月30日 (土) | 編集 |
ちょっと「えっ」という感じだけど、1月からスタートすると言っていたソフィーちゃん、「やっぱりやめる」とメールで言ってきた。

こっちは、保険会社に電話したり、契約書のドラフトを弁護士に送ったり、時間と経費をかけているというのに、無責任に、それもメールであっさり言ってきた。なんなんだ。

この子、1対1で話しているとすごく素直でいい子なんだけど、仕事の進め方とかを説明した後に、メールで質問がきたりすることが数回あって、なぜかその内容がちょっと挑戦的だった。彼女のイメージと、メールのトーンがちょっと違うっていうか。モバイルトラックのレンタル費だって、本当にこっちの経費だけをカバーしてもらえばいいというぐらいの額だった。どうやってその金額にたどり着いたかまで、ちゃんとオープンに見せてあげたのに、後からメールで「会計士がその金額は高すぎると言った」と、よくわからないメールが届く。普通の会計士、というか足し算引き算が出来る人だったら、絶対このオファーは高いと思わないはずなのに。それに経費だから、安いも高いもないのよ。

12月も出来るだけたくさん一緒に回ろう、と前回話していて、トラックの運転も早いうちに始めてもらおうと思っていた。それなのにまたメールで「もし2人で回ったら私への支払いはどうなるの?」と聞いてきた。1月から1人で回ってもらうから、そのために出来るだけのことを教えてあげようと思っていたのに、12月の支払いを心配されても困ってしまう。もちろん、やってもらった分はちゃんと支払うつもりだけど、なんかメールでの彼女のトーンはまるで、私が彼女をだまして、安く雇おうと考えているかのように聞こえる。

多分ソフィーちゃん、旦那に影響されているのよね。おととい12月の支払いのことで電話した時、「旦那がそういう契約にはサインしてはいけないと言った」と電話口でソフィーちゃん。どういう契約じゃ?第一まだ見せてもいないのに。それにどんな形の雇用だって契約書は交わすだろう。今回は会社同士だし。契約は彼女を守るためにもあるのに。本当に良くわからん。

そして最後のメールでは、「会計士と話したけど、独立経営者になるとやたら経費がかかって自分に残る収入がない。でも今自分のお客さんも増えてきたから忙しすぎる。明日は一緒に行くと言ったけど、息子が熱を出しているから行けない。」と支離滅裂。第一そんなアドバイスをする会計士などいない。多分、この会計士というのは旦那のことなんだろう。「会計士」という名前を使えば、すこしはましに聞こえるから。ちなみに旦那さんはバスの運転手さん。経営者になるのに、登録費やら、税金やら、社会保障やら、このくらいのことは調べてから普通動くだろう。それに子供が熱を出しているからって、簡単に休んでしまうようでは経営者になれない。従業員じゃないんだから。

まあ、そういうレベルだったのね。

なんだかスゴイ労力を使ってしまったこの数週間。まぁ、こういう子だということが始める前にわかっただけでも良かったわ。また求人情報ださなきゃ。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ ← ベルギーに関するブログ集だよ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ ← 海外起業、独立に関するブログはこちら
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ ← 海外でワンズと暮らしている人たちのブログ集

↓↓ 拍手もお願いしまーす!↓↓
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。