ベルギー人のでかい旦那と、2匹のワンズ、デブ猫に囲まれた平和?な生活。「犬」で起業し早4年。楽しく忙しい今日この頃。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ ← ベルギーに関するブログ集だよ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ ← 海外起業、独立に関するブログはこちら
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ ← 海外でワンズと暮らしている人たちのブログ集

↓↓ 拍手もお願いしまーす!↓↓
点呼の記憶(まじめなお話)
2012年02月06日 (月) | 編集 |
ベルギー人の友人から質問された。これは日本語でどういう意味なのかと。

dai she han
foetsim ban
itju ari massen
kire nore

ある看護婦が面倒を見ているオランダ人老婦人が覚えている文章らしく、この老婦人はこの言葉を日本軍が占領したインドネシアの収容所で毎朝言わされていたらしい。彼女は、今の今までこの言葉の意味が分からずきていた。あるきっかけで、私の友人がこの文章を聞き、私に質問してきたというわけ。

何度か繰り返してみてだいたいわかった。

大師範!
婦人班
異常ありません
気をつけ、礼

この言葉を言わされていたんだ。毎朝の点呼の時にこう言って、深くお辞儀をしていたらしい。

太平洋戦争に日本が負けてからもう70年にもなろうとしているのに、この老婦人の長い人生でほんの短い期間に強要された日本語の点呼の号令がまだ頭に残っているなんて...。

なんとも心が重たくなるようなお話だ。
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ ← ベルギーに関するブログ集だよ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ ← 海外起業、独立に関するブログはこちら
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ ← 海外でワンズと暮らしている人たちのブログ集

↓↓ 拍手もお願いしまーす!↓↓
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。