ベルギー人のでかい旦那と、2匹のワンズ、デブ猫に囲まれた平和?な生活。「犬」で起業し早4年。楽しく忙しい今日この頃。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ ← ベルギーに関するブログ集だよ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ ← 海外起業、独立に関するブログはこちら
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ ← 海外でワンズと暮らしている人たちのブログ集

↓↓ 拍手もお願いしまーす!↓↓
丸刈りの日
2012年03月19日 (月) | 編集 |
昨日は丸刈りのお客さんが2件あった。

まずは、ゴールデンリトリーバー。日本やアメリカではサマーカットと言って犬を丸刈りにしてもらう人がいるらしいけど、ベルギーでは、そのオプションはあり得ない。毛質が変わるし、あまり短く刈ると日光からの保護ができず日焼けしたりするから。第一、犬の毛は体温調節ができるようにできていて、刈ったからと言ってすずしくなる事はない。落ちる毛の量も変わらない。飼い主が犬を見てそう思っているだけ。

昨日のお客さんはアメリカ人。ゴールデンのウィンストン君はもう7歳で、アメリカではずーっと丸刈りだったらしい。毛質があまり良くない。前回2回は、なんとか説得して、丸刈りはしなかったんだけど、今回3度目で「やっぱり刈っちゃって」というので渋々オーケー。まあ、7年近く刈られていたらもう、毛質改善はムリかもしれないしね。

あ、ゴールデンってこんな犬ね。これはウィンストン君ではないけど。

golden

winston

↑ 丸刈りのウィンストン君。ゴールデン・ライオンと呼んだ方が良さそう。

もう一件の丸刈りのお客さんはフレンチ・ウォータードッグとも言われるバルベット。

barbet

↑ 何もしないとこんな風になってしまう毛(写真ネットから拝借)。年に2回ぐらいは短く刈って、あとはブラッシングを頻繁にするのがこの犬種の手入れ方法。

お客さんのヴァルカちゃんは9ヶ月になったばかりで、これが始めてのグルーミング。ちょっと緊張してたけど、飼い主さんも一緒にいたので、無事終了。

valka

これで、ちょっと毛が伸びてきたぐらいがかっこいいんだよね、この犬種は。

ということで、バリカン大活躍の日でした。

スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ ← ベルギーに関するブログ集だよ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ ← 海外起業、独立に関するブログはこちら
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ ← 海外でワンズと暮らしている人たちのブログ集

↓↓ 拍手もお願いしまーす!↓↓
コメント
この記事へのコメント
ウィンストン君、何んだか可愛そぉ~
ゴールデンの丸刈りって、見る度に悲しくなって「だったらラブラドール飼えよ!!」って思ってしまいますe-259

バルベット...!?
初耳です。
日本では‘超’珍しいかいないのでは??
2012/03/19(Mon) 10:18 | URL  | 一徹ママ #sVDHZLuM[ 編集]
この下段のモップみたいな黒い犬、本当はスリムでこんなにカワイイの~?いつもこんなならいいのにv-10
2012/03/20(Tue) 21:30 | URL  | アンナママ #WqzR92YQ[ 編集]
一徹ママさんへ
本当に、だったらラブラドールですよね。
ウィンストン君、オス犬で結構でかいので、丸刈りも大変でした。

バルベットはこちらでも珍しいです。数人のトリマーさんに聞いても、「知らない」「やったことがない」の返事ばかり。でも友人のハナローラはちゃんと知ってた。頼もしいわ。

バルベットはあまりに数が少なくて、この状態で交配し続けると奇形が出る可能性が高いので、スパニッシュ・ウォータードッグの血を混ぜるという話が出ているそうです。
2012/03/21(Wed) 07:32 | URL  | MIKO #-[ 編集]
アンナママちゃん
ホントよね。体のラインがかっこいい。性格もやさしいし、ちょっと気に入ってしまった。
伸びてきたらモップにも使えるしね。ちなみにこの犬は毛が抜けても、床に落ちないので家はきれいなのよ。犬が汚くなるけどね。
2012/03/21(Wed) 07:34 | URL  | MIKO #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。