ベルギー人のでかい旦那と、2匹のワンズ、デブ猫に囲まれた平和?な生活。「犬」で起業し早4年。楽しく忙しい今日この頃。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ ← ベルギーに関するブログ集だよ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ ← 海外起業、独立に関するブログはこちら
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ ← 海外でワンズと暮らしている人たちのブログ集

↓↓ 拍手もお願いしまーす!↓↓
ちょっとがっかり
2012年05月14日 (月) | 編集 |
(金)はもう何度も行っているスコティッシュ・テリアの「フィンリー君」のところにトリミングに行った。実はこのお客さん、今回で最後にしてもらおうと、行く前から心に決めていた。理由は距離。アントワープ北のカペレンという場所で、片道45kmもある。この近所、というかアントワープにすらお客さんがいないので、一度に数件回る事もできない。45km行って、45km戻ってくる。通常、午前中2匹はトリミングできるのに、フィンリー君のところに行く時は1件しか入れられない。

もう一つの理由は行き詰まり。フィンリー君、実は前のトリマーさんを噛んで、断られてしまったので「問題行動矯正」を兼ねて飼い主が私に連絡してきたわけ。チーズでつりながら、ちょっとづつトリミングして、少しは慣れてきているんだけど、顔の近くにハサミをもって行くとものすごい剣幕で怒る。バリカンなんて電源入れただけでガルーっとなってしまう。飼い主は「フィンリーの負担にならない程度で、できるところまでやってほしい」という希望で、完璧にトリミングしなくてもいいんだけど、トリマーとしてやっぱりボサボサの顔のまま引き渡すのも気が引ける。それでも飼い主はマズルなどをつけて嫌な思いはさせないでほしい、というので「できるところまで」でストップしている。

こんな理由から、もうお断りしようと決めた。でもただドロップしてしまっては、こんなフィンリー君だからまた次のトリマーさんを噛むかもしれない。そう思い、カペレンから行ける犬のトリマーさんを捜してあげた。偶然にも25kmぐらいのところに「ドッグフレンドリーなトリマー」さんが見つかった。サイトには「犬との信頼を築ければ、問題犬でも大丈夫」と犬と抱き合っているトリマーさんの写真まで載っていた。うれしい事に、私が受けた行動セラピストのコースも受けていて、トレーニングに対する考え方も私と同じであることがわかった。私よりもトリマー経験が長いので、行き詰まっているフィンリー君のトリミングに対するアドバイスもついでに受けらえるかもしれない。一石二鳥とはこのことだ。

フィンリー君のトリミングの後、飼い主にもう来れない旨を説明。そして私が見つけたトリマーさんのことを言ったら、なんと彼女、フィンリー君が子犬の時最初に行ったトリマーさんだった事が判明。その初回でフィンリー君はきっちりトリミングされて帰ってきて、その後トリマーから手紙が届いたとの事。手紙の内容は理由もなしに「もう、この犬は引き受けられません」。訳が分からず、次に探して行ったトリマーさんで、フィンリー君が手に噛み付いたらしい。最初のトリマーで強要されてトラウマになったのでは?と飼い主は考えている。

せっかく見つけてあげたフレンドリーなはずのトリマーが、偶然にもフィンリー君の問題行動を引き起こしていたなんて...ショックだわ。

結局、飼い主が自分なりにスコティッシュ・テリアのトリミングを学びたいというので、私がトリミング法、道具、ビデオなどを揃えて送ってあげる事にした。

なんだか不甲斐ない出来事だった。

スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ ← ベルギーに関するブログ集だよ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ ← 海外起業、独立に関するブログはこちら
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ ← 海外でワンズと暮らしている人たちのブログ集

↓↓ 拍手もお願いしまーす!↓↓
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。