ベルギー人のでかい旦那と、2匹のワンズ、デブ猫に囲まれた平和?な生活。「犬」で起業し早4年。楽しく忙しい今日この頃。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ ← ベルギーに関するブログ集だよ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ ← 海外起業、独立に関するブログはこちら
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ ← 海外でワンズと暮らしている人たちのブログ集

↓↓ 拍手もお願いしまーす!↓↓
とうとう保護センターへ
2012年10月28日 (日) | 編集 |
ちょっと前にブログに書いた高齢マダム オプ・デ・ベークのお話。マダムは老人ホームに行ってしまって愛犬2匹が屋敷に暮らしていた。

今日、ご近所のネリーさんから、マダムが亡くなったと連絡を受けた。残された2匹、プルッシュとトムは保護センターに連れて行かれた。せめて2匹一緒のケージにしてもらえるよう先方にお願いしたとネリーが言っていた。

こっちの保護センターは日本の保健所みたいに殺傷率は高くない。だから、貰い手があるまで結構長くセンターに暮らしている犬もいる。よい人に貰われてくれればいいのだけど。

年老いてからペットを飼うのは、本当によく考えてからするべきだなぁ。
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ ← ベルギーに関するブログ集だよ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ ← 海外起業、独立に関するブログはこちら
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ ← 海外でワンズと暮らしている人たちのブログ集

↓↓ 拍手もお願いしまーす!↓↓
コメント
この記事へのコメント
残念... 涙出ちゃう...e-263
日本だったら二人の命は絶望的ですね。
ベルギーで良かった。
幸せになって欲しいです...。
2012/10/31(Wed) 13:22 | URL  | 一徹ママ #sVDHZLuM[ 編集]
一徹ママさんへ
本当に。いい人に引き取ってもらえればいいけど...
2012/11/02(Fri) 06:31 | URL  | MIKO #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。