ベルギー人のでかい旦那と、2匹のワンズ、デブ猫に囲まれた平和?な生活。「犬」で起業し早4年。楽しく忙しい今日この頃。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ ← ベルギーに関するブログ集だよ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ ← 海外起業、独立に関するブログはこちら
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ ← 海外でワンズと暮らしている人たちのブログ集

↓↓ 拍手もお願いしまーす!↓↓
ネズミを操る男
2012年11月13日 (火) | 編集 |
先日NHKのBSの番組にちょろっと出させてもらったMIKOさんです。別に自分がメインではなく、「ベルギー在住の面白い方を紹介しまーす」と横にいる面白い人を紹介しただけだけど。

その面白い人とは、バート・ウィートジェンス(Bart Weetjens)さんという人で、面白いというより、多くのアフリカ人の命を救っているすばらしい人なのです。この方、タンザニアを拠点にねずみに地雷探索をさせるAPOPOという非営利団体の設立者。地雷除去については故ダイアナ妃で世界の意識が高まったような気がするけど、アフリカ、中東、東南アジアなどにたくさん埋まっていて、トップ10の国に埋まっていると思われる地雷の数を足しただけでも1億個以上になる。これを見つけて除去するのになんと1000年以上もかかると言われているくらいシリアスな問題だ。実はここベルギーでも第一次世界大戦時に埋められた地雷がいまだに見つかっている。

バートさんは製品デザイナーをしているときに地雷のことを知り、地雷探知、除去に使われるのがハイテク機器であることに疑問を感じた。だって本当に必要な国々にはそんなハイテク機器を買うお金がない。ということで、子供の頃から好きだったネズミの嗅覚が優れていることを思い出し、「ねずみに探させては?」と思い立った。ねずみなんてどこにでもいるし、繁殖は簡単だし、意外に社会性があってトレーニングしやすい。飼っていたハムスターがそうだった。実際にネズミを購入してトレーニングしてみると、なんとかやっていけそう。

そうやってあちこちで、プレゼンやデモをしてベルギー政府の援助を受けて、タンザニアにNGOを設立。今や従業員400人が働く大きな団体になっている。ねずみの嗅覚を利用して、結核菌をかぎ分けさせるということもしていて、これにより何千人もの結核感染者を早期に見つけることにも成功したらしい。地雷除去、結核菌探知の活動はいまや、モザンビーク、タイなどにも広がっている。

こんなすごい人なんだけど、こういう人に限って、すごく気さくでアプローチしやすい。TV番組の前後は二人で動物のトレーニング方法で話が盛り上がった。結局ねずみをトレーニングするのも犬をトレーニングするのも「陽性強化=ほめて教える」のが効果的で、ねずみも人のなかで「働く」ので、生後数週間から社会化が必要。人間のなかで生活していかなくてはいけない犬の社会化と同じ。とっても面白い。

私もいつか、自分のスキルや知識を使って人助けに役立てたいな。そのためには、今やっていることを極めるのがまず第一ね。

刺激になりました、究極のネズミ男との出会い。
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ ← ベルギーに関するブログ集だよ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ ← 海外起業、独立に関するブログはこちら
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ ← 海外でワンズと暮らしている人たちのブログ集

↓↓ 拍手もお願いしまーす!↓↓
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
先日NHKのBSの番組にちょろっと出させてもらったMIKOさんです。別に自分がメインではなく、「ベ
2012/11/13(Tue) 08:41:53 |  まっとめBLOG速報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。