ベルギー人のでかい旦那と、2匹のワンズ、デブ猫に囲まれた平和?な生活。「犬」で起業し早4年。楽しく忙しい今日この頃。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ ← ベルギーに関するブログ集だよ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ ← 海外起業、独立に関するブログはこちら
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ ← 海外でワンズと暮らしている人たちのブログ集

↓↓ 拍手もお願いしまーす!↓↓
ベルギーでオランダ語を学ぶのは難しい
2012年12月13日 (木) | 編集 |
私たちが住んでいるベルギー北側のフランダース地方の言語はオランダ語です。オランダ人が話すオランダ語と基本的には同じなんだけど、フランダース訛りがあって、慣用句にフランス語の単語が多く入ったり、いくつかの子音の音が柔らかかったりする。

私が16年前にベルギーに来たときは、アントワープ市内に住んでいて、会社でオランダ語のレッスンが出来たのでなるべく使おうと思い街にでると、意外に話す機会に恵まれないことがわかった。というのもほとんどのフランダース人は母国オランダ語以外に、フランス語、ドイツ語、英語を流暢に話すので、私みたいなアジア人がお店に入ると、「イングリッシュ?フランセ?ドイチェ?」とか聞かれて、すぐこっちに合わせてしまい、私のカタコトのオランダ語を聞いてくれない。街を離れると、状況は多少変わるんだけどね。

最近でも街に行くと、そう言われるので「オランダ語じゃダメなの?そうじゃなかったら日本語でお願い」とオランダ語で言ってあげると、びっくりして「日本語はだめよ」とマジに答えられたりする。

そんなところなので、観光客にとっては便利な場所だけど、こっちに住んでオランダ語を習得するときは強い精神がないとやっていけない。

この前、ブリュージュのクリスマスマーケットに行ったとき、ボブを見て寄ってきた男性と子供がいた。子供はボブを撫でていて、男性は「コッカースパニエル?」と聞いてきた。そこまでは分かったけど、これ以外は全部スペイン語。おい、英語ぐらいは話してくれ。と思っていたら、横でマイダーリンがNo, es springer spanielとか答えてる。あれ、スペイン語できたっけこの人。彼らのお家には1才になるコッカースパニエルがいて、彼のiPhoneに入っている写真は犬が2ヶ月の時のものらしい。(この会話もなぜかスペイン語)

彼らと離れてから旦那に聞いたら、スペイン語は知らないけどラテン語をなんとなくスペイン語風に言えば通じるらしい。ホンマかいな?

知らない言葉まで合わせてくれるから、ほら、だから外国人はオランダ語勉強しないんだよ、ね。
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ ← ベルギーに関するブログ集だよ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ ← 海外起業、独立に関するブログはこちら
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ ← 海外でワンズと暮らしている人たちのブログ集

↓↓ 拍手もお願いしまーす!↓↓
コメント
この記事へのコメント
すごい! ほんとにすごいことだと思います!!
オランダ語を喋る猫やしきサンをヒェーッと思うほど尊敬していますがMIKOサンはいったい何カ国語を操られるんですか!?
英語もままならない私には、海外(特に英語圏でないヨーロッパ)で言葉に困らず生活をされている方々って本当に凄い人たちだって、鳥肌が立つほど尊敬せずにはいられないんです。
2012/12/14(Fri) 16:55 | URL  | 一徹ママ #sVDHZLuM[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。