ベルギー人のでかい旦那と、2匹のワンズ、デブ猫に囲まれた平和?な生活。「犬」で起業し早4年。楽しく忙しい今日この頃。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ ← ベルギーに関するブログ集だよ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ ← 海外起業、独立に関するブログはこちら
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ ← 海外でワンズと暮らしている人たちのブログ集

↓↓ 拍手もお願いしまーす!↓↓
盲導犬ブッツィー
2014年08月04日 (月) | 編集 |
ちょっと前にお邪魔したカトレーンさんのお宅。

bootsie-voor

↑ こんな子が出てきました。盲導犬ブッツィー。犬種はラブラドゥードル、ラブラドールとプードルを合わせたやつね。

カトレーンさんにとってブッツィーは2匹目の盲導犬。盲導犬を提供する団体はベルギーに6つぐらいあるらしいけど、最初に盲導犬をもらえるまで4年も待たなくてはいけなかったとのこと。一度盲導犬の使用者になれば、使用している犬が引退してもすぐに次の犬をもらえるらしい。一匹の盲導犬を育てるのにかかる費用は約2万5000ユーロ(340万円)。使用者が払うのは「シンボリック(象徴的な)1ユーロ」とフードや獣医費などの普通の飼い主さんと同じ出費。もちろんカトレーンさんも使用者訓練を受ける。

「モバイルサービスがあったのねぇ、知らなかったわ。私たちみたいな目の不自由な者には本当に便利!!」とカトレーンさん。あまりかっちり短くしないで、ブッツィーらしくなくなるから、というご希望。

ラブラドゥードルなのにちょっとワイヤーヘヤーみたい。シュナウザーでも入ってるのかしらん、という感じの毛質だった。

bootsie-na

↑ こんな感じ?

「そうそう、こんな感じ!ブッツィー、きれいになったわねぇ。」カトレーンさんになで回されて大喜びのブッツィー。

9月末にはブッツィーの正式な引渡しのセレモニーがあるとのこと。ベルギー国王の弟ロラン王子からハーネスが渡される。

その前にまたお邪魔しまーす。
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ ← ベルギーに関するブログ集だよ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ ← 海外起業、独立に関するブログはこちら
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ ← 海外でワンズと暮らしている人たちのブログ集

↓↓ 拍手もお願いしまーす!↓↓
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。