ベルギー人のでかい旦那と、2匹のワンズ、デブ猫に囲まれた平和?な生活。「犬」で起業し早4年。楽しく忙しい今日この頃。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ ← ベルギーに関するブログ集だよ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ ← 海外起業、独立に関するブログはこちら
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ ← 海外でワンズと暮らしている人たちのブログ集

↓↓ 拍手もお願いしまーす!↓↓
ダックスフンドとローマ皇帝
2015年03月13日 (金) | 編集 |
なんだか大げさなタイトルだけど、そんなに深い関係はないのだ、ダックスフンドとローマ皇帝なんて。

ただ単にこの犬の名前がTITUS(ティトゥス)というだけ。ローマ皇帝にもそういう名前の人がいた。

titus

ん?トリミング終わってるの?それにしてはモサモサしてるけど。足の周りやお腹のあたり。

実はティトゥス君、最初のトリマーのところでトラウマになってしまい、別のトリマーに行っても手がつけられない状態でMIKOさんのところに流れてきたのだ。テーブルの上に固定されるとパニックになってしまい、ハサミを近づけるとおそろしく唸る。何があったんだ、最初のトリマーで。

ということで、前回初めて行ったときは、体全体をなでたり、耳をくすぐったり、優しく背中の毛を手で抜いてあげたり、MIKOさんに慣れる練習で終わり。2回目の今回も特に問題なくテーブルに乗ったティトゥス君。モッサモサになっていた背中の毛と顔周りの毛を指で抜いた。ハサミはまだパニックになるので使わず、音だけ慣れてもらった。だからお腹や足がまだモサモサなのよね。ステップ・バイ・ステップだね、何事も。

ローマ皇帝ティトゥスはあのコロッセウムを完成させた皇帝なのだ。彼の統治時にナポリのヴィスヴィオ火山が噴火しポンペイやヘルクラネウムが埋もれたり、ローマに大火事があったりで人々は「この皇帝は縁起が悪いのでは」と思いはじめていた。だからコロッセウムの完成は彼にとって本当に重要なことだったんだよね。完成式では数週間も剣闘士のショーなどが続き、市民はみーんなタダで見に行けたんだよね〜。いい皇帝だ(笑)。

↑ これは2年前にポンペイ遺跡を訪れたときにたまたま読んだお話。その他の皇帝のことは実はよく知らないMIKOさんでした。
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ ← ベルギーに関するブログ集だよ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ ← 海外起業、独立に関するブログはこちら
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ ← 海外でワンズと暮らしている人たちのブログ集

↓↓ 拍手もお願いしまーす!↓↓
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。