ベルギー人のでかい旦那と、2匹のワンズ、デブ猫に囲まれた平和?な生活。「犬」で起業し早4年。楽しく忙しい今日この頃。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ ← ベルギーに関するブログ集だよ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ ← 海外起業、独立に関するブログはこちら
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ ← 海外でワンズと暮らしている人たちのブログ集

↓↓ 拍手もお願いしまーす!↓↓
クティニアス・マージナル・パウチ
2011年07月19日 (火) | 編集 |
タイトル見てなんのこっちゃ、と思った方、犬種名ではありません。

今朝は新規トリミングのお客さんのところへ。人伝えに私のことを聞いて連絡してきたらしい。もう10歳になるコッカスパニエルで、最初からバリカンなので、すっきりさっぱり(またか)シェービングしちゃってというのが希望。それでも結構毛がのびてて、毛玉がたくさんあったので、バリカンの歯が入らないところもあった。耳なんか毛で厚みが3倍ぐらいになっている。

耳は外内両側剃ってくれということなので、短めの歯でジョリジョリ~とやってて気がついたらちょっと血が。う、やばい。でもワンコのUshiちゃんはまるで感じてないみたい。血が出てたのは、クティニアス・マージナル・パウチと呼ばれる耳の端っこについてるスリットのこと。

dog ears

わかりやすくバセットハウンドの耳で説明。この青矢印のところにある山形のスリットね。あまり機能はないみたい。トリマーにとってちょっと面倒くさいぐらいかな。あ、ダニも隠れやすいか(笑)。ちなみに猫にもあります。

肝心のUshiちゃんは特に気にしてなかったので(ホントかな~)、ヨードチンキ塗っておしまい。多分ほとんど神経通ってないんだろうね、この辺。血もすぐ止まったし、飼い主も気にしてなかったわ。

トリミングのあと、すっきりさっぱりのUshiちゃんは庭駆け回ってました。
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ ← ベルギーに関するブログ集だよ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ ← 海外起業、独立に関するブログはこちら
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ ← 海外でワンズと暮らしている人たちのブログ集

↓↓ 拍手もお願いしまーす!↓↓
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。