ベルギー人のでかい旦那と、2匹のワンズ、デブ猫に囲まれた平和?な生活。「犬」で起業し早4年。楽しく忙しい今日この頃。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ ← ベルギーに関するブログ集だよ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ ← 海外起業、独立に関するブログはこちら
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ ← 海外でワンズと暮らしている人たちのブログ集

↓↓ 拍手もお願いしまーす!↓↓
襲われたサシャ
2011年12月09日 (金) | 編集 |
数日前の(月)、サシャが近所のジェーマンシェパードに襲われ、耳を噛まれた。

この事件は義父が散歩中に起こった。近所を一周してそろそろ家に近づいてきたときに、道の先の駐車場でフセをして自分とサシャのほうを見ていた大きな犬に気づいた。と思ったら、いきなりその犬がこちらに向かってきて、サシャに飛びついたらしい。サシャは「キャイ~ン!」と鳴いて逃げようとしたけどリードをつけているので逃げられない。義父はなんとか、犬を追い払おうと大きな声で叫び、家の敷地に入ったときに犬が逃げていったとのこと。

その後、その犬は駐車場の奥にいたブルドッグに噛み付き、その飼い主に追い払われ逃げていった...

サシャの耳の傷は多少出血しただけで、医者にかかるほどではなかった。

それにしても、なんなんだその犬。義父曰く、大きなジャーマンシェパードだったらしい。考えられるのは、近所で飼われているシェパード。多分、そいつなんだけど100%確定できないので、クレームが出せない。ポリスには一応伝えたけど、その情報だけで彼らが動くとは思えない。この犬はいつも庭にいて、道を歩く人や犬に柵越しにガウガウいっている。飼い主が散歩をしたのを見たことがないので、ただ番犬として飼われているだけ。ただ番犬で飼っているなら、絶対に犬を逃がさないでほしい。無責任な飼い主には本当に腹が立つ。

面識のない犬が苦手で、トレーニングで随分その問題が解決したサシャ。今回の事件がきっかけで、また犬恐怖症にならないといいんだけど...ごめんよ、守ってあげられなくて。
スポンサーサイト
にほんブログ村 海外生活ブログ ベルギー情報へ ← ベルギーに関するブログ集だよ
にほんブログ村 ベンチャーブログ 海外起業・海外独立へ ← 海外起業、独立に関するブログはこちら
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ ← 海外でワンズと暮らしている人たちのブログ集

↓↓ 拍手もお願いしまーす!↓↓
コメント
この記事へのコメント
サシャちゃん、大変でしたねーe-330
実はうちも先月、ショー会場でサモエドに耳を噛まれたんですよ。
噛まれたところに怪我はなかったのですが、逃げた瞬間に腰の神経を捻ってて、結局病院へ行って手当てする羽目に...。
うちの子は翌日にはケロッとしてましたが、サシャちゃんは心のケアが心配ですね。
乗り切ってくれますように...。

無責任な飼い主には... 本当に腹が立ちます。
同感、同感!!
2011/12/09(Fri) 09:31 | URL  | 一徹ママ #sVDHZLuM[ 編集]
サシャちゃん突然の事で怖かったでしょうね・・・
耳と心の傷、両方早く回復しますように!

突然噛み付くような危険な犬を放し飼いにしているなんて信じられないですね。
もし自分の近所にそんな犬がいたら子ども達と安心して散歩できませんよ。
また同じような傷害事件が起こらなけりゃいいんですけど・・・
十分ご注意ください!
2011/12/09(Fri) 17:12 | URL  | mamatje #-[ 編集]
初めまして!
サシャちゃん、大変でしたね。
怪我もそうですが、こころの傷が少しずつ癒えて来るといいですね。
うちも先日似たようなことがあり、怪我は無かったものの精神的に堪えた様子。
現在リハビリお散歩に励んでいます。

うちの犬を襲った相手の犬の飼い主は、怪我をさせていないからか全然問題視していませんでした。。。
だからいつまで経っても直らないのだと思います。
2011/12/09(Fri) 20:07 | URL  | うのまま #-[ 編集]
サシャちゃん、怖かったでしょうね・・。大丈夫かな?どんなに気を付けてもそんな飼い主がいれば危険を回避できませんよね。
うちの周りにも一か月に一回見るか見ないかの割合で2匹も同じ犬が突然駐車場に現れて痩せてもおらず綺麗なので飼い主がいるのでしょうね、呼んでも人になつく様子もなくすぐどっかに行ってしまうのでdierenasielに電話すべきなのかどうか迷ってたところです。
近くにプロのMIKOさんがいらっしゃるのだからその飼い主にもきちんとしたトレーニングを是非受けてほしいです!
2011/12/10(Sat) 04:50 | URL  | aya #-[ 編集]
一徹ママさん
あ、サモエドに噛まれたお話、ちょっと前に読ませていただきました。やっぱり皆さん、色々ありますね。私もなるべく、何事もなかったように、でも見知らぬ犬にはほんのちょっと距離をおいて、少し時間をかけて慣らしていこうと思います。でも、10年間こういうことなしできたので、ちょっとくやしぃ。
2011/12/10(Sat) 07:35 | URL  | MIKO #-[ 編集]
mamatjeさん
いや、放し飼いにしているわけではないのよ。タダ庭にいるだけ。多分、門が開いた瞬間(おおきな電動の門なのよね、このお宅)に逃げたんじゃないかと思う。
近所で、乳母車を押しながら2匹のゴールデンリトリーバーを散歩させている人がいるんだけど、その人がたまたま通っていたら...と考えたらぞっとするわ。
2011/12/10(Sat) 07:37 | URL  | MIKO #-[ 編集]
うのままさん
初めまして。ロンドンでビションですか、ウノ君、かわいい。
うちのサシャは、面識なくても相手の犬がノーリードだと意外と大丈夫なのです。まあ、こういう事件の後にはあまり神経質になってもよくないですよね。そうそう、前向きにリハビリが大事です。
これからもよろしく。
2011/12/10(Sat) 07:41 | URL  | MIKO #-[ 編集]
ayaさん
「逃げ癖」のある犬というのはいますからね。ちょっと飼い主が目を離したスキに...。うちのも時々閉め忘れた門から庭の外に出ることがあるんですけど、行き先は隣の家の生ゴミコンポストと決まっているので、見つけるのが簡単です。
本当に問題がある犬の飼い主ほど、それを問題とも思わずに放っておくんですよ。一番厄介なパターンです。
2011/12/10(Sat) 07:45 | URL  | MIKO #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。